仕事効率化のために!お昼寝の隠された効果とは?

頭痛にも効く、お昼寝の豆知識

お昼寝後の頭痛対策

お昼寝から起きるとなんだか頭がズキズキ痛む、という経験がある方も多いのではないでしょうか。

一番大きな原因は寝る時の姿勢です。
姿勢が合っていないと、頭の重さで首などが圧迫されてしまい、血流が悪くなってしまいます。
その結果、頭痛を引き起こしてしまうのです。

対策としては、練る時の姿勢を変えてみます。
できるだけどこも圧迫しない姿勢を探してみましょう。
それでも難しい場合はお昼寝用の枕などを使用するのも効果的です。

頭痛が起きてしまったら、少しでも早く回復するように対応しましょう。
効果的なのは温める事です。
首や目、肩などを蒸しタオルなど温かいもので温めます。
仕事場でそんなもの用意できない、というときは温かい缶ジュースで代用するのもアリです。

どうしてもスッキリしないときには

お昼寝をしても頭がさえない、なかなか目覚めモードにならない。
そんな時には脳を刺激してあげましょう。
効果的なことはいくつかあります。

・ガムや固めのものを食べる
噛むことで脳に刺激が伝わり、次第に目が覚めてきます。
すぐに飲みこんじゃうのではなく、しっかり噛む事を意識してください。

・ストレッチなど、軽く体を動かす
同じ姿勢でいると、ぼんやりしがちです。
事務など普段あまり動かない仕事であっても、一度立ち上がって軽く体を動かすことで、すっきりとすることができます。
体をひねるだけでも効果がありますよ。

・冷たい飲み物を飲む
冷たい水で顔を洗ったり、手を洗ったりしても効果的です。

これらの方法はお昼寝後だけではなく、朝の目覚め後にも使えるので、ぜひ試してみてくださいね。


この記事をシェアする